赤ちゃんの熱帯夜下での寝かせ方を解説。扇風機やクーラーはNG?

この記事は3分で読めます

s_baby-428395_640

体温調節が難しい赤ちゃんにとって
高温の熱帯夜は天敵とも言えます。

お母さんお父さんが
きちんと管理をしてあげましょう。

そうは言っても単純に室温を下げて
赤ちゃんの体温も下げれば
いいというものではありません。

そこでこの記事では、
熱帯夜の時期の赤ちゃんの寝かせ方や
扇風機やクーラーを利用する際の
注意点について紹介します。


熱帯夜の時期における赤ちゃんの寝かせ方について


熱帯夜の時期における赤ちゃんの寝かせ方で、
まず知っておいて欲しいのは、
赤ちゃんは体温が高い傾向にあるという事です。



しかも、赤ちゃんは大人とは違い
自分で「暑い」「寒い」の表現ができず、
どの程度暑いのか、寒いのかも伝えられません。



熱帯夜については以下の記事をご覧ください。



⇒熱帯夜って何?暑さはどれ位なの?




ですから、お母さんお父さんがが
適度な暑さなのか、暑いのか寒いのかを
見極めてあげる必要があります。



大人からすると少し暑いぐらいの環境が
赤ちゃんにとっては望ましいので、
赤ちゃんが大きくなるまでの間は
赤ちゃんの環境を優先してあげてください。


その上で、赤ちゃんの寝かせ方のコツを説明すると、
夏の高い気温によって更に高まっていますから、
寝る直前に水風呂に入るのが効果的ですよ。



お母さんも一緒に入れば、
同時に快適な気分になれますね。




また、寝る直前には水分補給も大事です。



生まれた直後の赤ちゃんの場合は、
授乳の頻度が高いのでさほどでもないのですが、
ある程度育ってくると注意が必要となります。



赤ちゃんは一度に飲む量が少ないので、
回数を増やして総合的な量を確保しましょう。

スポンサードリンク


夜中に起きてしまった時の為に
枕元に水分補給できる水や麦茶などを
用意しておくと準備する手間がなくなりますよ。




また、冷たすぎる飲み物も
赤ちゃんには良くない
ので、
飲料が温くなっていないことを考えて
白湯も用意しておき、温度調節を図りましょう。



頻繁に起きてしまうこともありますし、
すぐに対処が必要な場合もありますから、
ベビーベットで別にするのではなく、
お母さんも一緒に眠れる環境が望ましいです。



添い寝しつつ
お母さんも一緒に眠ってしまいましょう。



扇風機やクーラーは使ってもいいの?


夏と言えば扇風機やクーラー。


しかし、赤ちゃんを寝かせる際に、
こうしたものは利用してもいいのでしょうか。



結論を言うと、少し工夫が必要になります。



まず扇風機に関しては、
赤ちゃんに直接風を当てない方法として、
サーキュレーターを導入するのも有効です。


サーキュレーターとは以下のようなものです。



s_スクリーンショット 2015-07-03 18.44.34



目に覚えはありませんか?




サーキュレーターは扇風機とは異なり、
風を循環させることによって、
部屋の温度を一定のものに保つ効果があります。




ただし、サーキュレーターの風は
扇風機のものと比べると強いので、
赤ちゃんの体に当てないよう気をつけましょう。




続いてクーラーですが、冷房機能ではなく
除湿機能をつけておくようにしましょう。



冷風を赤ちゃんに当てないという効果と、
空気中の湿気を吸い取ってくれる効果があるので一石二鳥です。




特の夏の夜は
布団から蒸発した赤ちゃんの汗も
吸い取ってくれる効果もあります。



温度設定をする場合は、
エコロジーとされる28度にしてください。

スポンサードリンク


また、冷房器具の中には、
夜でも運転しているのか解りやすくする為、
あるいはボタンが押しやすいようにと
ランプが点いている種類が多いですね。



これも赤ちゃんの顔に向けないようにしてください。



ランプの明るさにもよりますが、
明るいと感じると赤ちゃんの体はは夜ではない、
つまり寝るべき時間ではないと判断し、
なかなか寝付けません。


結果的に、
生活のバランスも崩すことになってしまうんです。


まとめ:赤ちゃんの熱帯夜下における寝かせ方


赤ちゃんは体温が高い傾向にあるので、
寝かせる前に水風呂に入れたり、
あるいは水分補給をしてあげるといいでしょう。


ただし、冷たい飲み物ばかり選ぶのではなく、
時には白湯も用意して、
適度に温度の調節を図りたいところです。



また、扇風機に関しては
風を赤ちゃんに当てない事が条件ですが
サーキュレーターを代用するのも一つの手です。


クーラーに関しては、冷房機能ではなく
除湿機能をつけておくようにすること。


冷房を赤ちゃんに当てないだけでなく、
空気中の湿気を吸い取ってくれるという
一石二鳥の効果が期待で住ます。



なお、こちらの記事では、
熱帯夜の時期での布団の選び方や
赤ちゃんに着せるパジャマについて
分かりやすくまとめています。



⇒赤ちゃんの熱帯夜対策で心がけるべき2つの事とは



やはり体温調節に関することが大切なんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s_スクリーンショット 2015-07-08 20.37.52
  2. s_スクリーンショット 2015-06-04 22.57.41
  3. s_adorable-21998_640
  4. s_スクリーンショット 2015-07-09 22.44.28
  5. s_https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N853_sensuwoaogujyoseitodansei-thumb-1000xauto-14223
  6. s_babies-644263_640
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

2003年1月
    6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031