ムクゲの花期はいつなのか。名前の由来や原産地についても解説!

この記事は3分で読めます

s_スクリーンショット 2015-06-29 23.00.46

ムクゲは韓国の国花で、
国章にも意匠化されており、
ホテルの格付けの星の代わりにもされている花ですが、
非常に簡単に育つため世界的に植えられています。

日本でも街路樹や公園などでよく見かけますよね。

今回はそんなムクゲについて、
ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ムクゲとはどのような花なのか。主な分類は?


ムクゲはアオイ科フヨウ属に分類される植物で、
ハイビスカスやフヨウの仲間です。


夏の炎天下でも花を咲かせ、
冬の寒さにも耐える花木で、
北海道南部から沖縄までの日本全国で
栽培できる育てやすい植物です。


このような特徴から、
ムクゲは古くから栽培されてきており、
今までに数多くの園芸品種が生まれています。



ムクゲの花の分類としては、



一重咲きグループ


花びらの形により
細弁、中弁、広弁タイプに分類



半八重咲きグループ


内側の花びらの数により
祇園守、花笠、バラ咲きタイプに分類



八重咲きグループ


外側と内側の花びらの付き方や重なり方により
乱れ咲き、菊咲き、鞠咲きタイプに分類




このように、細かく分類されています。




ムクゲの樹皮を乾燥したものは抗菌作用があり、
木檎皮、チンピという生薬として、

また、花を乾燥させたものは
木檎花、チンファという生薬として、


それぞれ皮膚炎、胃腸炎、下痢止め等に
用いられています。


ムクゲの花期はいつ?


ムクゲは夏から秋にかけて
美しい花をつけます。


ムクゲの花期は6、7月~10月で、
かなり長い間楽しむことが出来る植物です。



花の大きさは6~10㎝くらいの5弁花で、
色は白、赤、紫、ピンクなどがあり、
朝咲くとその日の夕方にはしぼんでしまう
いわゆる「一日花」と言われています。



実際のところは、朝開花し、夕方にしぼむが、
また翌日開くというものもありますし、
開花してそのまま2、3日咲き続けるもの、
2週間咲き続けるものもあるようです。

スポンサードリンク


いずれにしても、このムクゲの花は
長期間花を咲かせて楽しませてくれます。



また、ムクゲの花の葉は卵型で、
互い違いに生え(互生し)ており、
葉の縁は荒いギザギザ(鋸歯)があります。




なお、ムクゲの根は横に広がらないため
比較的狭い場所でも植えることが出来るだけでなく、
刈込にも強いため、庭や公園の垣根、
街路樹などにも利用されています。


「ムクゲ」という名前の由来とは


ムクゲは学名を「Hibiscus syriacus 」といい、
その学名の通り、
ハイビスカスによく似た花を咲かせます。


では、ムクゲという名前の由来
一体何にあるのでしょうか。



これについては諸説ありますが、
まずムクゲ(木槿)という和名の由来は、


「中国名の「木槿」(モッキン)がなまった」
「韓国名の「無窮花」(ムグンファ)が変化した」


この2つの説があります。



なお、韓国名の「無窮花」(ムグンファ)は
花が次々に咲き、
その花期が長いことを表しているそうです。




また、ムクゲの別名である
「ハチス」「キハチス」にも由来があります。

スポンサードリンク


それは花の咲き方が、
ハスに似ているからというものです。



そもそもハスは、
蜂の巣のような果実をつけることから
「ハチス」と呼ばれていましたが、
のちにハスとなっていった経緯があります。



またハスは水上植物ですが、
ムクゲは木なのでキハチスと呼ばれたのだそうです。


ムクゲの原産地はどこなのか


ムクゲは韓国の国花ですが、
原産地はなんと中国で、
更にシリアやインド、
そして東南アジアまで自生しています。


現在では、カイロやダマスカス、
テルアビブなどの中近東の主要都市でも
庭木や公園の樹木として栽培されているようです。



日本への渡来は古く、奈良時代に中国から
朝鮮半島経由で渡来したと言われており、
和歌山県や山口県に野生のムクゲがあったとされています。



韓国はムクゲの原産地ではないにしても、
9世紀末の新羅の時代には自らの国を
「槿花郷」(=ムクゲの国)と呼んできました。


このように、韓国は古くからこのムクゲを
国花として扱ってきたことがわかりますが、
韓国領事館や大使館にはムクゲは栽培されておらず、
なんだか不思議な感じがします。


まとめ:ムクゲの花について


ムクゲは夏から秋にかけて、
すなわち6、7月~10月にかけて
その花期を迎えます。


このムクゲという名前の由来ですが、
和名の「ムクゲ」に関しては、


「中国名の「木槿」(モッキン)がなまった」
「韓国名の「無窮花」(ムグンファ)が変化した」


この2つの説があります。



韓国名の「無窮花」(ムグンファ)の方は、
花が次々に咲くことや、
その花期が長いことが由来なのだとか。


また、韓国の国花としても知られるムクゲですが、
その原産地はなんと中国です。


中国から朝鮮半島へ伝わったムクゲの花は、
奈良時代に日本へ伝わったとされています。



夏から秋まで、長期間楽しませてくれるムクゲ。


とても身近にある植物ですし、
これからの時期、
この可愛らしいムクゲの花を楽しみながら
夏を過ごすのも一考ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s_スクリーンショット 2015-07-13 13.55.57
  2. s_スクリーンショット 2015-06-17 9.47.12
  3. s_スクリーンショット 2015-07-02 20.18.04
  4. s_スクリーンショット 2015-06-17 8.48.48
  5. s_スクリーンショット 2015-06-13 21.38.24
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

2003年1月
    6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031