背部褥瘡の読み方や症状を解説。若い人でもかかる?

この記事は2分で読めます

s_zyokuso

落語家の桂歌丸さんが、
背部褥瘡の手術のため、
入院する事が決まったそうです。

この「背部褥瘡」という病名ですが、
個人的に今まで聞いた事がなかったので、
その読み方や症状について調べてみました。

また、桂歌丸さんは78歳という年齢ですが
この背部褥瘡という病気が、若い人でも
かかるのかについても解説します。

スポンサードリンク


背部褥瘡の読み方や症状は?


この背部褥瘡という病気の読み方ですが、
はいぶじょくそう」と読みます。


前の方の「背部」の読みはともかく、
後ろの「褥瘡」の名前やその読みを知ってる方は
そう多くはないのではないでしょうか。


少なくとも僕は分かりませんでした。


実際に症状を経験されてる方や、
医学などを学んでいる方でなければ、
そう知る機会はない病名な気がします。



それで、この背部褥瘡という病名ですが、
まずは前の方の「褥瘡」について
理解しておきましょう。


この褥瘡という病気の症状ですが、
座っている状態がずっと続いてたり、
あるいは寝たきりの状態が続く方に
よく見られる病気として有名です。


寝たり座ったりしてる状態が続くと、
決まった部分に一定の圧力が加わる事で、
その場所に流れる血の巡りが悪くなったり
あるいは滞る可能性があります。


その結果、何かしらのできものが出来たり、
又は、皮膚に障害が発生する可能性が出てきます。


具体的には、皮膚が赤くただれたり、
あるいは傷が出来るのだとか。


何やら相当痛そうな病気ですね・・・



ちなみに、褥瘡の「褥」は”ふとん”
「瘡」は”できもの”という意味があり、
寝たきりの人がこの褥瘡にかかる場合が
比較的多いとされています。

スポンサードリンク


この褥瘡が背中に出来ることが、
今回、桂歌丸さんがかかった「背部褥瘡」の
症状という事になるでしょうか。



ちなみに、桂歌丸さんは背部褥瘡の治療の為に
入院先の病院で手術することを発表されています。


ただ、背部褥瘡の全てが手術が必要なのか…
というと、決してそうではないそうです。


軽いものだと塗り薬を塗る程度で
治る事もあるのだとか。


とすると、桂歌丸さんの症状は
軽いものではなさそうな気がしますが、
歌丸さんの会見によると、
命に別状がある訳ではないようなので、
それが真実である事を祈りたいですね。


背部褥瘡は若い人でもかかるの?


今回の桂歌丸さんの場合、
78歳という年齢もあって
身体の抵抗力が落ちてる可能性も
考えられなくもない気がします。


では、この背部褥瘡という病気は
若い人でもかかるものなのでしょうか。



結論から言うと、若い人であっても
背部褥瘡にかかる可能性はあります。




背部褥瘡の原因には、認知症などの
高齢者特有の病気も挙げられるのですが、
基本的には「寝たきり」の状態が
長く続くことによって起こる病気です。


若い人で「寝たきり」というケースは、
実際のところ殆どないでしょうが、
中にはそうした症状に苦しまれている、
若年層の方もいるでしょうからね。


他には、食事が満足に取れなかったり、
あるいは関節がこわばっている人も
この病気にかかる可能性があるそうです。


特に、食事を満足に取っていない方は
注意した方がいいかもしれませんね。


とはいえ、実際のところ、
この症状原因の大半を占めるのは
寝たきりの状態が続くことです。


なので、若い人が実際に
この背部褥瘡にかかる可能性は
かなり少ないのではと考えられます。


とは言え、可能性がゼロではない以上、
この機会に背部褥瘡に関する知識を
予防のために、身に付けておいても
いいかもしれませんね。

スポンサードリンク


まとめ:背部褥瘡について


背部褥瘡とう病名の読み方は、
「はいぶじょくそう」と言います。


・褥…ふとん
・瘡…できもの



寝たきりの状態が長く続く事によって、
皮膚に圧力がかかり、それが原因となって
できものが出来る事が、この病気の
発生原因として挙げられます。


寝たきりが原因と言うと、
高齢者の病気と考えがちですが、
若い人でもかかる可能性はあるので
注意することに越した事はありません。


記事をお読みいただき
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スクリーンショット 2015-06-10 8.28.54
  2. s_スクリーンショット 2015-07-20 20.13.23
  3. s_kid-673584_640
  4. s_womens-group-735907_640
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

2002年1月
    6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031